垣根のことならお任せください。大田区の垣根屋本舗<みすず造園> 垣根の種類

トップページ > 垣根の種類
垣根の種類

古くから日本の家屋を飾り守ってきた垣根。用途や場所、地方によって様々な種類が存在します。当社の施工例の中から、代表的な垣根の種類をご紹介いたします。

  1. 四つ目垣
  2. 建仁寺垣
  3. 竹穂垣 (蓑垣、鎧垣、時雨垣、茶筅垣)
  4. 編垣  (沼津垣、大津垣、網代垣、)
  5. 鉄砲垣 松明垣
  6. 御簾垣 (縦御簾垣)
  7. 矢来垣
  8. 土賊垣
  9. 庭園の垣根(金閣寺垣、銀閣寺垣、光悦寺垣、南禅寺垣、大徳寺垣、龍安寺垣、桂垣)
  10. ななこ垣
  11. 袖垣
  12. その他素材による(黒文字垣、萩垣、清水垣、篠垣、柴垣、よしず垣)
  13. 藤棚、ぶどう棚、キウイ棚等
土賊垣
立子が植物の「と草」がならんでいる様子にみえるのことから、その名の由来となる。
太いマダケの四つ割かふたつ割を胴縁にし、くぎ止めかしゅろ縄で模様を考えながら編んだりからげたりする。

金閣寺垣
銀閣寺垣
庭園の垣根
  • 金閣寺垣 京都の鹿苑寺(金閣寺)の垣根が本歌。太い丸竹を立子にし太いマダケの二つ割りで両側から挟んでしゅろ縄で飾り結びにする。
  • 銀閣寺垣 京都の慈照寺(銀閣寺)の垣根が本歌。立子は太いモウソウチクの二つ割りを使用(建仁寺垣はマダケの四つ割使用。石垣の上に建仁寺垣の上部の2段をつっくたもの。
  • 光悦時垣 京都の光悦時の垣根が本歌。マダケの四つ割などを抱き合わせてひし形状に交叉させ、玉縁は太い竹を細く割ったもので下地をまいて行く。
  • 南禅寺垣 京都の南禅寺の垣根が本歌。大津垣と萩垣(竹穂や黒穂や黒文字などもある)を組み合わせたもので、裏は建仁寺垣になっている。
  • 大徳寺垣 竹穂垣の一つで、竹穂と小枝の組み合わせからなる模様が特徴。裏は建仁寺垣。(遮蔽垣)
  • 龍安寺垣 京都の龍安寺の垣根が本歌。太いマダケを四つ割にして2枚あわせたものを斜めにひし形に組む。立子は地面に差し込まないで、上下の押し縁で挟む。設置場所と垣根の傾斜角度のバランスが重要。
  • 桂 垣   京都の桂離宮の垣根が本歌。立子は竹穂を横使いにし、二つ割りにした太いマダケを押し縁として縦使いにする。竹の天端は斜めにそぐのが特徴。
金閣寺垣
銀閣寺垣
光悦時垣
龍安寺垣 
ななこ垣
割り竹を反円弧に曲げて波のように重ねて立てていく垣根。竹はゆでたりあぶったりするか、裏に引き目を入れて曲げる。折れやすく耐久性に乏しいが手軽に作れる。

ななこ垣
ななこ垣
袖垣
建物に接して袖のような形で短く作られた垣根。取り付ける場所により、材料、形式、手法などあらゆる垣根の応用となる。多種多様のデザインは職人の手腕と遊び心によって作られる。

袖垣
袖垣

その他の素材による(黒文字垣、萩垣、清水垣、篠垣、柴垣、よしず垣)

藤棚、ぶどう棚、キウイ棚等

藤棚、ぶどう棚、キウイ棚等
藤棚、ぶどう棚、キウイ棚等
次の種類へ
垣根って何だろう

最近垣根を持つ家が少なくなりましたが日本人の心や風景に溶け込む「垣根」。その良さと魅力をじっくりお伝えします
豊富なデザイン
日本人の生活様式が洋風になるにつれて、多様なデザインを持つようになりました。和風・洋風のデザインをご紹介します
垣根の種類
一見同じように見える垣根ですが、大変豊富な種類と、多様な用途があり生活の中に生きています。その中から当社の施工例で紹介します。
こだわりの素材
日本の風土に根ざした素材や施工方法で受け継がれてきた技術を紹介。樹脂製もありますが、やはり自然素材が一番です。

垣根以外も得意です
垣根屋本舗ですが、和風・洋風問わずお庭のことなら なんでもお問い合せ下さい。ステキなお庭実現します
垣根を作る作業風景
あまり施工を目にする機会の少ない垣根の施工。
垣根屋本舗では自信があるから全てお見せします
垣根ギャラリー
当社で施工した物件だけでなく、日本各地を回って
撮影した豊富な垣根の写真、デザインの参考に。
垣根屋本舗のブログ
日々の仕事や造園に関すること、気がついたことなど書いています。垣根屋本舗からのお知らせもあります。

お問い合せ・お見積りはお気軽にお電話でもお受け いたしております。お問い合せはこちらから。

〒144-0052 東京都大田区蒲田1-28-2 
TEL 03-5710-4128(ヨイニワ)
一級造園技能士/一級造園施工管理技士
一級土木施工管理技士/造園職業訓練指導員